« 「異常気象」徹底究明、ちょっと待った(その1) | トップページ | 「異常気象」徹底究明、ちょっと待った(その3) »

2018年8月 8日 (水)

「異常気象」徹底究明、ちょっと待った(その2)

今回は蓬莱大介氏(気象予報士)の発言(説明)から


蓬莱氏の説明をそのまま全て書くと長くなるので要約すると、
極端気象の振り幅が大きくなり、頻度が上がる原因として
「ヒートアイランド現象と地球温暖化が合わさったことがある」
といった説明がされた。

ちょっと拡大解釈が過ぎる。
その説明は、都市部の異常高温の説明にはなっても
大雪や低温も含めた振り幅の説明にはならない

ヒートアイランドは、都市部の局地的な現象であって、
都市部の局地的な気象現象を説明することはできても

偏西風の蛇行が大きくなる理由や、
広範な線状降水帯、大雪等、広範な現象の原因ではない



空間的、時間的スケールが全く異なるものを、
合わせて説明に使うことにそもそも無理がある


特に、スケールの小さい現象が、
よりスケールの大きい現象の原因である、
という説明は全く不適当
である。
また、スケールの大きい現象は、
よりスケールの小さい現象が起こる環境要因にはなり得ても、
個別の小さい現象の原因にはなり得ない


このことは、このブログの別記事「地球温暖化考」
http://soranbe.air-nifty.com/blog/2017/12/index.html
に書いているので、ご参照いただければありがたい。

そして残念なことに、いろいろな気象現象の説明をするにあたり、
このスケールの概念を念頭に置いた説明をする専門家を
あまり見たことがない。
というより、スケールを無視した無理な説明を見ることが
圧倒的に多い。


なお、蓬莱氏を擁護するとすれば、
ヒートアイランドを起こしている人間の行動(CO2排出等)が、
地球温暖化を促進する一要因となっている“可能性”
否定できないと思う。

|

« 「異常気象」徹底究明、ちょっと待った(その1) | トップページ | 「異常気象」徹底究明、ちょっと待った(その3) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

気象予報」カテゴリの記事

気象観測」カテゴリの記事

防災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605568/67031061

この記事へのトラックバック一覧です: 「異常気象」徹底究明、ちょっと待った(その2):

« 「異常気象」徹底究明、ちょっと待った(その1) | トップページ | 「異常気象」徹底究明、ちょっと待った(その3) »