« 高気圧と気団のはなし(その1) | トップページ | さくらの開花 »

2018年3月 7日 (水)

高気圧と気団のはなし(その2)

<2>オホーツク海気団
オホーツク海気団は、
オホーツク海高気圧のもととなる
海洋性の気団で、
冷たいオホーツク海で発生発達する。

オホーツク海高気圧は、
ごく下層では冷たく湿っているが、
その上の方では周囲より暖かい、
ちょっと奇妙な背の高い高気圧だ。

上空のブロッキング高気圧と相まって
発生
することが多い。

冷たく湿った北東気流
(いわゆる“やませ”)のもととなり、
北日本、東日本の太平洋側に
冷害をもたらすことがある
移動が遅く、長期間影響する。


<3>シベリア気団
シベリア気団は、
シベリア高気圧のもととなる
大陸性の気団で、
冬季に高緯度の大陸で発生発達する。

シベリア高気圧は、
非常に冷たく乾いており、
対流圏下層のみの背の低い高気圧である。
背の低さは、
これまた“層厚”(専門用語失礼)の
考え方で説明できるが、
詳細は省略する。

冬季には、この高気圧から
北西の季節風が日本海に吹き出し、
海上で、冬型の気圧配置に特有の筋状の雲を作る。


<4>長江気団(旧・揚子江気団)
長江気団は、
千切れて移動性高気圧のもととなる
大陸性の気団で、
暖かく乾いており、
比較的暖かいアジア大陸で発生発達する。

移動性高気圧は、
春、秋には日本付近を通過することが多いため、
春、秋の主役である。
ある程度暖かく、
乾いた高気圧なので、
勢力圏内では爽やかな晴れが多い

低気圧と交互に来ることが多く、
また、太平洋高気圧などに比べて
サイズが小さく、移動することから、
勢力圏に入るのは2~3日のことが多い。

高気圧の中心が過ぎると
低気圧が接近してくるため
天気は下り坂となることが多い。


<5(おまけ)赤道気団
これは、前述の4つとは少し異質だ。
日本に影響するときは、
高気圧としてではなく、
台風(熱帯低気圧)としてやってくる
非常に暖かく、非常に湿った海洋性の気団だ。



前線は、
これら性質の違った気団の間に発生し、
熱帯低気圧は別にして、
基本的に、温帯低気圧は、
この前線上に発生、発達する。
その意味では、
天気を語るには、
いわゆる悪天のもととなる低気圧ではなくて、
前線発生の原因となる
気団(高気圧)から始めるべきかも知れない。

|

« 高気圧と気団のはなし(その1) | トップページ | さくらの開花 »

気象予報」カテゴリの記事

気象観測」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605568/66467071

この記事へのトラックバック一覧です: 高気圧と気団のはなし(その2):

« 高気圧と気団のはなし(その1) | トップページ | さくらの開花 »