« 2018年1月 | トップページ

2018年2月の記事

2018年2月19日 (月)

なだれ(雪崩)のはなし

少し前に、仙岩トンネル出入り口付近の
雪崩による通行止めがあった。


雪崩にはいくつかの分類法があり、
よく使われるのが
表層雪崩全層雪崩

表層雪崩は、
寒い時期に、大雪が降るなど、
古いしまった雪の上に新雪が積もった時
起こりやすい。

全層雪崩は、
春先に気温が上がるなど、
地面と積雪の間に滑り面ができて起こる。


他の分類としては、
雪崩の発生(始動)域の積雪が
水分を多く含む湿雪雪崩
水分をあまり含まない乾雪雪崩

発生の形で
点発生雪崩
面発生雪崩
分類がある。


これらを組み合わせて
「点発生乾雪表層雪崩」
のように表現する。

このように
3通りの分類の組み合わせで、
雪崩は8種類に分類される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

三寒四温

ここのところ、テレビラジオで
「三寒四温」という言葉を何度か耳にした。

この言葉は
春の周期的変化を表す言葉としてよく使われているが
実は冬の様子を表す言葉だ。
しかも日本のではない。

気象庁の「予報用語」には、
冬期に3日間くらい寒い日が続き、
次の4日間くらい暖かく、
これが繰り返されること。
中国北部、朝鮮半島などに顕著な現象。

と説明されている。

私も昔、誤解していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ