« 降水確率予報(その3) | トップページ | 降水確率予報(その5) »

2017年10月 8日 (日)

降水確率予報(その4)

わかりやすい確率の理解法をひとつ紹介しておこう。

例えば“秋田県沿岸”の予報区は南北に細長く、
南端と北端は100km以上離れている
南の方で1mm以上の雨が降り、
北の方で全く降らない天気も当然ある。

このような予報区に対して
0%、または100%の予報を出して、
バッチリ当てることは不可能
だ。

従って、このように広い予報区では、
予報区内での平均的な降水確率で予報せざるを得ない。

このため、
降水確率は面積確率と数学的には“同値”となる。
つまり、降水確率70%なら、
予報区域の70%の範囲で降水量1mm以上、
残りの30%で1mm未満になる予報と考えてよい。

この考え方によれば、
自分が70%のエリアに居て1mm以上降られるか、
30%のエリアに居て降られずに済むかは7分3分。
降られるか降られないかの確率が、
本来の確率予報の意味と同じ確率になって理解しやすい。

断っておくが、降水確率は本来面積確率ではない
この考え方はあくまで便宜的理解法であって、
本来の確率予報の意味とは異なるので注意。

|

« 降水確率予報(その3) | トップページ | 降水確率予報(その5) »

気象予報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605568/65877255

この記事へのトラックバック一覧です: 降水確率予報(その4):

« 降水確率予報(その3) | トップページ | 降水確率予報(その5) »