« GPV気象予報(その4) | トップページ | 台風(その1) »

2017年8月 2日 (水)

GPV気象予報(その5)

これまでGPV気象予報についていろいろ書いてきた。

簡単に振り返ると、
雨量GPVは格子点付近の平均であって、最大雨量ではない
気温GPVは格子点の設定標高と実際の標高に差があり、補正が必要
雲量GPVは、それだけでは空の様子がわからないし、雨量GPVとの関連付けも怪しい、
GSMにおいては、水平スケールが100km以下の現象は表現できない
などの点について触れた。

このように、GPVは天気予報としてはそのままは使えない

GPVは、気象台の予報官や、気象予報士などの専門家が天気予報をするに当たり、
参考にするための資料のひとつに過ぎない
他にも各種天気図やガイダンス資料、解説資料等、参考資料は沢山ある

GPV気象予報のウェブページを利用して自分で天気を判断している方々には、
こういったことを理解したうえで、そのまま予報として解釈するのではなく
気象台や民間気象会社が製品として発表した天気予報と合わせ見て
なぜそのような予報となったのかを考える参考資料として使って欲しいと思う。

|

« GPV気象予報(その4) | トップページ | 台風(その1) »

気象予報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605568/65610893

この記事へのトラックバック一覧です: GPV気象予報(その5):

« GPV気象予報(その4) | トップページ | 台風(その1) »