« 高解像度ナウキャスト(その2) | トップページ | 降水短時間予報 »

2017年7月21日 (金)

解析雨量

5分毎のレーダー観測の降雨強度を
降水量に換算して1時間分積算したものが「レーダー雨量」。
誤差の大きい「レーダー雨量」を「アメダス雨量」で補正したものが
レーダー・アメダス解析雨量」、略して「解析雨量」だ。
いずれも、1時間の降水量である。

気象情報、防災情報等で、
「○○mmの雨量が“解析”されました」と表現されるのが、
この「解析雨量」である。
「“観測”されました」の場合は、
アメダス等、地上に設置された雨量計で実測された「雨量(降水量)」である。

「解析雨量」は重要なデータで、
「降水ナウキャスト」や「降水短時間予報」の初期値となるほか、
「記録的短時間大雨情報」発表の判断要素のひとつとなる。

解析雨量は上述のとおり1時間の“降水量”なので、
単位は「mm」である。
気象庁ウェブ
http://www.jma.go.jp/jp/radame/
では「mm/h」と、降水強度の単位で表示されているが、
これは厳密に言えば誤りであろう。
ただし、3時間降水量を「mm/3h」などと表す“便法”もあり、
誤りではなく、便法であると善意に解釈しておきたい。

|

« 高解像度ナウキャスト(その2) | トップページ | 降水短時間予報 »

気象観測」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605568/65562578

この記事へのトラックバック一覧です: 解析雨量:

« 高解像度ナウキャスト(その2) | トップページ | 降水短時間予報 »