« 気象レーダー(その3) | トップページ | 気象レーダー(その5) »

2017年7月18日 (火)

気象レーダー(その4)

気象レーダーに映らない雨があると書いたが、逆もあり、
気象レーダーに雨以外のものが映ることがある。

上空では雨粒となって落下しているが、
地面にたどり着く前に蒸発してしまう雨は、
気象レーダーに映るが地上では降っていない
これを「上空エコー」といい、低気圧が接近してくるときに多い。

他に、自動消去しきれない山岳や波しぶきからの反射波など
降水以外にもレーダーに映ってしまうもの(非降水エコー)がある。

要するに、レーダ画面を無条件にそのまま信じちゃ駄目ってこと。
正しく上手に使うためには、
気象状態の把握や、
アメダスや自分の目などによる補正が必要
更に、毎日見て慣れることと、多少の勉強も必要。

|

« 気象レーダー(その3) | トップページ | 気象レーダー(その5) »

気象観測」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/605568/65590482

この記事へのトラックバック一覧です: 気象レーダー(その4):

« 気象レーダー(その3) | トップページ | 気象レーダー(その5) »